免許状返信用封筒の送付について

開局申請、再免許申請、変更申請(届出)・訂正申請(免許状の記載事項変更時)の審査が完了すると、免許状が交付されます。
免許状の交付にあたって、免許状の郵送を希望する場合は、予め返信用封筒を送付していただくか送料受取人払いによる受取を指定していただく必要があります。
本ページでは、免許状返信用封筒の送付手順について説明します。

※免許状の郵送を希望しない場合は、管轄の総合通信局又は総合通信事務所にて直接受け取ってください。
※返信用封筒は、申請手数料が必要となる申請では手数料の納付後に、それ以外の申請では受付処理が終了した後、申請手続の状態が「審査中」になったら送付してください。
※申請手続の状態については、「照会・ユーザ情報変更」画面の「申請履歴照会」より確認できます。申請履歴照会の操作手順についてはこちらからご確認ください。

1. 返信用封筒の送付方法

返信用封筒は下記の手順で送付してください。
  1. 返信用の定型封筒(封筒A)を用意し、免許状送付先の郵便番号、住所、氏名を記入し、82円切手を貼ってください。
    ※定型封筒を使用すると、免許状は折りたたまれて送付されます。
    ※免許状を折り曲げずに送付することを希望する場合は、A5サイズ以上が入る返信用封筒(120円切手を貼付)を用意して下さい。

  2. 送信用の定型封筒(封筒B)を用意し、宛先に管轄の総合通信局又は総合通信事務所(申請時に「宛先」として入力した総合通信局又は総合通信事務所)の住所及び宛名を記入し、82円切手を貼ってください。
    また、宛先の面に「返信用封筒在中」と記入してください。
    ※各宛先の住所については、下記の「提出先の所在地」をご確認ください。

  3. 封筒A, Bの表面に、申請完了時に表示された「問い合わせ番号」を記入してください。

  4. 封筒Aを封筒Bに入れ、送付してください。
※書留等や信書便事業者を利用する場合は、封筒に下記のものを貼ってください。
  • 書留等を利用する場合:必要な料金分の切手
    ※封筒に書留等を利用したい旨を記入してください。
  • 信書便事業者を利用する場合:当該信書便事業者が定める額の証票
封筒記入例(関東総合通信局宛の場合)
封筒記入例のイメージ

2. 提出先の所在地

「1.返信用封筒の送付方法」にて、送信用封筒(封筒B)の宛先として記入する各総合通信局又は総合通信事務所の住所は以下の通りです。

新しいウィンドウで開きます北海道総合通信局(管轄区域:北海道)
〒060−8795 札幌市北区北8条西2−1−1 札幌第一合同庁舎

新しいウィンドウで開きます東北総合通信局(管轄区域:青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
〒980−8795 仙台市青葉区本町3−2−23 仙台第二合同庁舎

新しいウィンドウで開きます関東総合通信局(管轄区域:茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)
〒102−8795 千代田区九段南1−2−1 九段第三合同庁舎

新しいウィンドウで開きます信越総合通信局(管轄区域:新潟、長野)
〒380−8795 長野市旭町1108

新しいウィンドウで開きます北陸総合通信局(管轄区域:富山、石川、福井)
〒920−8795 金沢市広坂2−2−60 金沢広坂合同庁舎

新しいウィンドウで開きます東海総合通信局(管轄区域:岐阜、静岡、愛知、三重)
〒461−8795 名古屋市東区白壁1−15−1 名古屋合同庁舎第3号館

新しいウィンドウで開きます近畿総合通信局(管轄区域:滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
〒540−8795 大阪市中央区大手前1−5−44 大阪合同庁舎第一号館

新しいウィンドウで開きます中国総合通信局(管轄区域:鳥取、島根、岡山、広島、山口)
〒730−8795 広島市中区東白島町19−36

新しいウィンドウで開きます四国総合通信局(管轄区域:徳島、香川、愛媛、高知)
〒790−8795 松山市宮田町8−5

新しいウィンドウで開きます九州総合通信局(管轄区域:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
〒860−8795 熊本市西区春日2−10−1

新しいウィンドウで開きます沖縄総合通信事務所(管轄区域:沖縄)
〒900−8795 那覇市旭町1−9 カフーナ旭橋B−1街区5階