電子申請の流れ

変更申請(届出)・訂正申請の流れ

電波利用 電子申請・届出システム Liteを使用して、免許状に記載された事項の変更・訂正や、無線設備の変更を行う場合の申請手順についてご説明します。
申請者が行う手順の流れ 管轄総合通信局の事務処理
ユーザID・パスワードをお持ちの方 申請状況(注1)
1. インターネット
インターネット経由で申請・届出を送付します。

メール
到達通知メールが送付されます。
※ユーザ情報に登録されている電子メール宛てに送られます。
審査 到達
処理期間の開始。この処理には通常3から4週間程度かかります。(注2) 受付処理中
※申請・届出にはユーザID・パスワードが必要です。 お持ちでない方は、新しいウィンドウで開きます新規ユーザ登録にて取得してください。

変更、訂正が、住所、氏名の場合は、変更申請(届出)・訂正の手続きを行う前に、ユーザID情報変更で修正登録が必要です。
 新しいウィンドウで開きます照会ユーザ情報変更にて修正してください。
(氏名変更の場合は、変更申請を行う前に、無線従事者免許証の氏名訂正申請が必要です。)

※技術基準適合証明を受けていない機器(JARL登録機種、自作機、改造機等)にて申請する場合は、保証認定又は変更検査を受ける必要があります。詳しくは以下をご覧下さい。
新しいウィンドウで開きます技術基準適合証明を受けていない機器にて申請する場合










2
審査中
申請済みの方
補正後提出
申請に不備がある場合は補正依頼メールが送られます。不備を補正した上で再度送信してください。
新しいウィンドウで開きます補正後提出の手順はこちら
メール
補正依頼メールが送付される場合があります。
※ユーザ情報に登録されている電子メール宛てに送られます。
2.
(免許状、通知書及び証票の返送用封筒の送付)
・ 変更申請(届出)・訂正申請により免許状の記載内容に変更が生じる場合、変更内容を反映した免許状が発行されます。
電波の型式、周波数、空中線電力の指定事項変更がある場合、無線局指定変更通知書等が発行されます。
・ 移動するアマチュア局の送信機の取替及び増設の場合、無線機添付用の証票が発行されます。
※発行書類の郵送を希望する場合は、申請後に申請総合通信局へ返送用封筒の送付が必要です。(変更・訂正の手続きでは、送料受取人払いによる受け取りはできません。) ※窓口で受け取る場合は不要です。
新しいウィンドウで開きます返送用封筒の送付手順はこちら
返信用封筒
の送付
※付属装置の変更届け等、発行書類が無い場合は、封筒の送付は不要です。
処理期間の終了。
3.
申請・届出手続の完了
送付
免許状が交付され、かつ免許状の返送用封筒を郵送した場合、免許状が郵送されます。
※もしくは窓口で受け取り
審査終了
場合により、免許状の交付
審査終了
(注3)
注1 申請状況は、新しいウィンドウで開きます申請履歴照会ページより確認できます。
注2 期間はあくまでも参考です。申請の種類や内容により審査に必要な期間は異なります。
注3 変更検査を要する場合は、審査終了後、無線局変更許可通知書又は無線局指定変更・変更許可通知書が交付され、変更検査合格後に無線局免許状が交付されます。